一本化しておまとめするメリット

20150721202152複数の金融機関のローンを利用している場合、それを一つに統合し、まとめて返済する方法があります。

このローンの一本化は各銀行のローンの中でもメジャーな返済の合理化をする方法であり、いわゆる「おまとめローン」という商品になっています。

以下に、ローンの一本化をすることのメリットについてあげていきます。

まず第一には返済日、返済口座を一つに出来る事です。複数のカード会社を利用することで、毎月の返済日が複数になり、また引き落とし口座も複数になることから、返済管理が複雑になり、遅延、事故の原因を作ってしまうことになります。遅延は返済額の増額につながりますから、これを誘発する要因をさけるに越したことはありません。これらを一本化することで、返しやすさのメリットがあがり、精神的にもゆとりをもって生活できることは大きな魅力です。

また、二つ目のメリットとして、返済額を減らす事もできます。なぜなら、カードローンサービスは各社の金利で貸付がされますが、その金利の高低には当然差があります。それまで借り入れていたカード会社の金利の高いところから低いところに金利を統一するなどの工夫をすれば、金利を一本化かつ低金利での返済が可能になり、全体の返済額を減らすことも可能という事です。

また一本化の商品は金利も低く設定されており、返済額を減らす目的を達しやすい事があげられます。複数の借り入れがある場合は、出来るだけ一本化をすることが望ましく、審査基準も各社それぞれの事から、検討の余地も高く、そこも大きなメリットのひとつといえます。