一本化しておまとめするメリット

20161019125843-2

複数の金融機関、例えば消費者金融や銀行でキャッシングやカードローンを利用している場合、それを一つに一本化し、まとめて返済する方法がおまとめローンになります。

このおまとめローンは借金の一本化として各銀行のローンでも取扱いされているケースが多く、比較的メジャーな返済方法の一つになっています。また、おまとめローンに関する情報を提供しているサイトも多くあり、多重債務状態にある人が選ぶならどのローンが最適かといった情報を簡単に調べることができます。
おまとめローン

カードローンやキャッシングローンを一本化することのメリット

カードローンやキャッシングを何口も借りている場合に、それらをおまとめするメリットについてはいくつかあります。

まず第一には返済日、返済口座を一つに出来る事です。複数のカード会社を利用することで、毎月の返済日が複数になり、また引き落とし口座も複数になることから、返済管理が複雑になり、遅延、事故の原因を作ってしまうことになります。遅延は返済額の増額につながりますから、これを誘発する要因をさけるに越したことはありません。これらを一本化することで、返しやすさのメリットがあがり、精神的にもゆとりをもって生活できることは大きな魅力です。

また、二つ目のメリットとして、返済額を減らす事もできます。なぜなら、カードローンサービスは各社の金利で貸付がされますが、その金利の高低には当然差があります。それまで借り入れていたカード会社の金利の高いところから低いところに金利を統一するなどの工夫をすれば、金利を一本化かつ低金利での返済が可能になり、全体の返済額を減らすことも可能という事です。

また一本化の商品は金利も低く設定されており、返済額を減らす目的を達しやすい事があげられます。複数の借り入れがある場合は、出来るだけ一本化をすることが望ましく、審査基準も各社それぞれの事から、検討の余地も高く、そこも大きなメリットのひとつといえます。

おまとめローンや借り換え一本化で人気なのは?

おまとめローンとなると、東京スター銀行などが扱っているその名もズバリのおまとめローンが有名です。最近では地方銀行でもおまとめローンと称したローンを扱っているケースもよくあります。
しかし、実はおまとめローンは使い勝手という点で難点があると感じる人もいるようです。それは最初に融資されたお金を返済していかない限りは新たな借り入れができなくなるためです。

みずほ銀行カードローンはおまとめローン向きか

みずほ銀行のカードローンをおまとめローンで使うという方法も有効な方法です。
審査に通るかどうかの問題はありますが、通るのであればみずほ銀行カードローンはスペック的にもおすすめのカードローンの一つです。
みずほ銀行カードローンには2つのコースがあります。コンフォートプランとエグゼクティブプランです。
このどちらを利用するかも結構重要なポイントになります。大きな違いは利用限度額と利率です。

【コンフォートプランの利率表】

10万円以上100万円未満 年14.0%
100万円以上200万円未満 年12.0%
200万円以上300万円未満 年9.0%
300万円以上400万円未満 年7.0%
400万円以上500万円未満 年6.0%
500万円以上600万円未満 年5.0%
600万円以上800万円未満 年4.5%
800万円 年2.0%
※みずほ銀行の住宅ローンを利用している場合は上記金利よりもさらに0.5%引き下げられます。

【エグゼクティブプランの利率表】

エグゼクティブプランには200万円未満のコースはありません。200万円以上の限度額からですが、コンフォートプランと比べると利率が低くなっています。
申し込むならエグゼクティブプランがおまとめローン向きといえます。ただし、審査はその分厳しくなる可能性もあります。
限度額100万円~200万円クラスだと、コンフォートプランで12%の利率ですが、これは銀行のカードローンとしては標準的な利率です。ただし、例えば200万円の限度額だとしたら、エグゼクティブプランだと7.0%。実に5%もの開きがあります。多くの人がエグゼクティブプランを希望する理由はここにあるわけです。
おまとめローンで利用するなら利率が大変重要になってきますから、可能であればエグゼクティブプランを狙いたいところです。

東京スター銀行おまとめローン

おまとめローンといえば東京スター銀行が広めたような言葉ですが、最近ではどこの銀行もおまとめローンの取扱をするようになってきています。アイフルなどの消費者金融でもおまとめローンがありますから、裾野はかなり広まっているといえるでしょう。
東京スター銀行のおまとめローンですが、こちらのスペックは以下のようになっています。

金利:年5.8%~14.8%
審査スピード:仮審査で最短3日
借り入れ限度額:最高で1000万円

限度額の最高が1000万円というのはさすがにおまとめローンといったところで、他のカードローンよりは多めの設定になっています。銀行カードローンであれば、限度額の最高は500万円といったところが今の主流です。中にはみずほ銀行や住信SBIネット銀行のように1000万円が限度額最高というケースもありますが、それはレアケースと言って良いでしょう。
次に金利ですが、これはあまり低金利とはいえません。下限金利が5.8%というのは消費者金融にも劣る水準です。例えばアコムの下限金利は3.0%ですからおまとめローンとして考えてみてももうちょっと低金利であってほしいところです。
審査スピードについては標準的といえるでしょう。

おまとめローンという名称ですが、実際には、借入残高が限度額を下回っていれば追加で借り入れが可能です。また、その際の使途はおまとめといった借り換え名目でなくとも良いですから、その点はカードローンと同じです。

おまとめローン以外の選択肢もある

20161011164247複数の借金を一本化するのであれば、おまとめローンをまず思い浮かべますが、実際にはおまとめローンは使い勝手はそれほどでもないという話もあります。

なぜなら一度借り入れたらそれ以降は追加の借り入れができないからです。おまとめローンの場合、最初に契約額が決まったら、その金額が返済先の金融機関に直接返済されることもあります。この場合、契約額満額を既に借り入れたことになりますから、追加の借り入れはできません。

おまとめローンによっては返済して契約額から減っていればその分だけ借り入れができるとものもありますが、金額的にはそれほど大きな金額ではないため、借金返済の不安定な家計を考えるとちょっと不安だという人もいるわけです。

そういう面を考慮した結果、人気が急上昇してきているのがカードローンの借り換えです。
カードローンの借り換えは、通常のカードローンで限度額を高めに契約してもらい、借金の一本化の原資に充てるというものです。通常のカードローンにすることのメリットは大きく分けて2つあります。

一つは金利が低いこと。
昨今の低金利時代のせいか、おまとめローンの金利はそれほど低いわけではなくなりました。住信SBIネット銀行や三菱東京UFJ銀行といったところのカードローンであれば、最低金利は2%を割り込んでいます。もちろんその利率で契約するにはかなりの限度額で契約できなければいけませんが、可能性はありますからそちらのほうが良いと判断する人が増えているわけです。

そしてもう一つは追加で借り入れができるということ。
こちらも限度額の範囲内であれば何度でもいくらでも追加の借り入れが可能です。実際の使い勝手としてはおまとめローンとさほど変わりはありませんが、利用者心理としてはカードローンのほうが融通が効くと感じる人が多いようです。

爆弾低気圧で今シーズンも大雪か?

急速に発達し、暴風や大雨を降らせる爆弾低気圧。今回、この爆弾低気圧が、1日は日本海を北東に進み、2日は北海道近くへと進むことで、現在は九州を中心に、影響が出ていますが、全国的に大荒れの天候になるとのこと。気象庁も、暴風や高波に警戒を呼び掛けています。
爆弾低気圧の影響は、暴風もさることながら、大雨を降らせることもあり、今回も1時間に50㎜以上の非常に激しい雨が降る所もあるそうです。
今はまだ10月なので影響は雨になりますが、冬期に発生する爆弾低気圧は、大雪をもたらします。昨年の冬も、爆弾低気圧の影響で、全国的に大雪になったのを覚えています。天気予報での、雪の量の予報も難しく、ニュース・天気予報サイトによって、予報に差があったと思います。昨年の爆弾低気圧による大雪は、半端な量ではありませんでした。関東地方の南部に近い所でも、一晩で車が身動き取れない程の量の雪が降りました。スタッドレスタイヤや、チェーンを事前に準備していなかった方は、どうしようも出来ない一日を過ごされたのだと思います。
今回爆弾低気圧のニュースを見て、今シーズンも大雪になる日が多いのではないかと、心配になりました。
昨年の反省を生かして、車のタイヤなどは、早めの準備を心掛けたいと思います。