爆弾低気圧で今シーズンも大雪か?

急速に発達し、暴風や大雨を降らせる爆弾低気圧。今回、この爆弾低気圧が、1日は日本海を北東に進み、2日は北海道近くへと進むことで、現在は九州を中心に、影響が出ていますが、全国的に大荒れの天候になるとのこと。気象庁も、暴風や高波に警戒を呼び掛けています。
爆弾低気圧の影響は、暴風もさることながら、大雨を降らせることもあり、今回も1時間に50㎜以上の非常に激しい雨が降る所もあるそうです。
今はまだ10月なので影響は雨になりますが、冬期に発生する爆弾低気圧は、大雪をもたらします。昨年の冬も、爆弾低気圧の影響で、全国的に大雪になったのを覚えています。天気予報での、雪の量の予報も難しく、ニュース・天気予報サイトによって、予報に差があったと思います。昨年の爆弾低気圧による大雪は、半端な量ではありませんでした。関東地方の南部に近い所でも、一晩で車が身動き取れない程の量の雪が降りました。スタッドレスタイヤや、チェーンを事前に準備していなかった方は、どうしようも出来ない一日を過ごされたのだと思います。
今回爆弾低気圧のニュースを見て、今シーズンも大雪になる日が多いのではないかと、心配になりました。
昨年の反省を生かして、車のタイヤなどは、早めの準備を心掛けたいと思います。